結婚披露宴の司会をするときに気をつけること

結婚披露宴の司会をする場合、色々なことに気をつけなければいけません。
身だしなみや服装、進行だけに気をつけていればOKと言うわけではないのです。
最も気をつけたいのは、しゃべりすぎないと言うことです。
自分の仕事をよく見せようとする気持ちは分かります。
しかし、司会者の言葉が多過ぎると、招待客も雑談が多くなるので注意しましょう。
新郎新婦へ目が集まりにくくもなります。
結婚披露宴では、司会者は脇役と言うことを自覚しておかなくてはいけません。
間違っても、スピーチが終わった後に自分の意見を言うのはやめましょう。
これは、初めて結婚披露宴の司会をすると言う人によく見られます。
また、最近はあまり忌み言葉が気にされなくなりました。
しかし、司会者は忌み言葉を使わないように十分気をつけるべきです。
忌み言葉の中には、普段何気なく使っている言葉もたくさんあります。
事前にインターネットなどできちんと調べておくようにしましょう。