結婚披露宴の司会者が気をつけるべきこと

結婚披露宴の司会をすることになったら、禁止事項を理解しておかないといけません。
言い間違えにさえ気をつけていればいいと言うわけではないです。
結婚披露宴の司会者は主役と言われますが、実際に場を独り占めするのはNGです。
言うまでもありませんが、結婚披露宴は新郎新婦が主役になります。
どんなに招待客からおだてられても、司会者は自分を披露してはいけません。
あくまでも披露宴を盛り上げるための演出者です。
目立ちすぎてしまうと、悪印象を抱かれることになるので注意しましょう。
たまに、ものまねをする司会者がいますが、これはリスクがかなり大きいです。
メリットは何もないと言っても過言ではありません。
内輪にウケても、招待客全員にウケることはほぼ不可能です。
プロのものまねタレントでも難しいと言われています。
ものまねなどの芸は余興のときに披露するべきで、司会進行をしているときにするものではないと言うことを分かっておきましょう。